忍者ブログ
管理人の日常及びドニー・イェン:甄子丹先生を応援するブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/27 菜々子]
[01/23 ヨウ]
[06/08 まっちゃん]
[03/31 ガオ]
プロフィール
HN:
トコ27号
HP:
性別:
女性
自己紹介:
2008年2月、「龍虎門」を見て甄子丹さんに落ちました。
ただいま香港電影勉強中。
フリーエリア






ブログ内検索
最新TB
バーコード
24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お久しぶり・・・過ぎて・・・
自分で確認したら、最後にブログ書いたの3月なんですね;;;
完全に開店休業中ですが
これからまたぼちぼち、過去の出来事も含めて記していきたいと思ってます。

備忘
4月:大阪にて「イップマン誕生」鑑賞
4月:名古屋にて「イップマン誕生」鑑賞 大阪にて「証人」鑑賞
7月:初海外・初台北旅行
8月:大阪にて「白蛇伝説」鑑賞
9月:京都にて「画皮」鑑賞

自分のことについてはとりあえずこれくらいで。

さてさて
昨日飛び込んできたドニさん関係ニュース

<A Href="http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20120911/00470_023.html" Target="_blank"titile="甄子丹陰濕位紋「詩」">甄子丹陰濕位紋「詩」</A>

結婚9周年でプーケットに旅行中のドニさんご夫婦ですが
Cissy奥様のご希望により、腰に「詩」の字のタトゥーを入れたとか。
Cissy奥様の漢字名は 汪詩詩 ですからね~。

某掲示板によると、ドニさんの最初の一言は「ヤダ」だったそうですが
それって、「痛そうだから」じゃないのか(笑)

それにしても
「こういうことしそう」って妄想を地で行ってくれる人です。

どうぞいつまでもお幸せに~

拍手

PR

見て参りました
「スター・ウォーズEP1 3D」
私にとって
初の劇場での3D映画鑑賞となりました。

というか
3Dの映画を1本まともに見たのは初めてです。
一番感動3Dは
一番最初の20世紀FOXのロゴと
George Lucas の文字だったと思われ(笑)

月曜日のレイト、ってこともあってか
観客は私と、おそらく古くからのSWファンのおじさん
そしてカップル1組の計4人でした。
むむむ・・・また見に来ようかしら・・・。
でも、
全員がエンドロールが終わって明るくなるまで席を立ちませんでしたよ^^
パンフもしっかり買いました。
グッズはあまり多くはなかったけど置いてあり
クワイ=ガンの「師」根付がちょっと欲しかったけど・・・
勝手も絶対使わないと思うので諦めました。

この映画、1999年に友人と一度見てるんですよね。
そして私は
マスター・クワイ=ガンに惚れたですよ(*ノωノ)
各種洋書にも手を出しました。
EP2を見た後、
一念発起して英会話教室にも通い始めました。
(今はもう行ってません。お金続かねぇ)
(若いうちは英語をマスターしたいなら
 英会話教室に通うよりもその分の金で海外留学したほうが
 絶対英語しゃべれるようになると思う。)
えぇ、私が通った教室は、その当時
ユアン・マクレガーがCMキャラクターだったのですw
いや、それだけが決め手ではなかったですけどね。
EP3は6回ほど見に行きました。
レイトばっかりでしたけどね。
クワイ=ガンとオビ=ワンのフィギュアも買った・・・。
葉問さんに比べると安かったなぁ。
と言っても、7000円位した覚えがあるけど。
あと
ライトセイバーも欲しかった・・・。
置く場所ないし、やっぱり高かったから買いませんでしたけど。

あ、肝心の映画の感想書いてないや(笑)

初めて見たあの頃を、夢中でDVDを見たあの頃を懐かしく思い出しました。
セリフも意外と覚えてたよー。
クワイ=ガンファンのワタクシといたしましては
やはり最後の戦いが涙涙でした(T△T)
マスター・・・アンタの所為で・・・(笑)

エンドロールで今回初めて
クワイ=ガン ダブル に気づきました。
そ、そりゃそうだよねぇ(;^ω^)

そして、そしてやっぱり思いました。
ドニーさんにもジェダイの騎士を演じてみて欲しいな~と。
ライトセイバーは槍型なんていかがでしょ♪
あのローブを引きずりながらも
翻し、華麗にドロイドをやっつけるジェダイの騎士ドニーを見てみたい。
しかし
どうしても素手の方が強そうですなぁw

やっぱ、もう一度見に行こうかな。

拍手


杜宇航、樊少皇主演「イップマン誕生(原題:葉問前傳)」が
東京;新宿武蔵野館とキネカ大森にて
本日3月17日より公開になりました\(^o^)/
新宿武蔵野館ロビーには、「葉問」の時と同様に、木人樁が置かれているそうです。

イップマン誕生公式サイト 最新情報

今回描かれるのは
葉問が子供の頃から青年になるまでです。
サモハンや樊少皇(ルイス・ファン)も出演していますが
若き葉問を演じるのは杜宇航(デニス・トー)です。

ドニー・イェンは出ていません。

「ドニー・イェンが出ていない」という理由でこの「イップマン誕生」を見ないのは
もったいないです!!!


ドニー版「葉問」と監督も制作会社も違いますが
ドニー版とはまた違った趣で「葉問」という人物を描いています。
往年の香港映画ファンには嬉しい
サモハンとユンピョウの手合せもありますし
何と言っても
主演、杜宇航(デニス・トー)とその義兄を演じる樊少皇(ルイス・ファン)は
これからの香港アクション映画に欠かせない二人の武打星です。

もうちょっとだけ補足しますと
杜宇航は本格的に詠春拳を学んでいて
「葉問序章」では、詠春拳の武術顧問を勤めました。
また
樊少皇演じるカム・サンチャウ(葉邸に押しかけてくる人)の
手下役で出演もしてます。
よ~く見ると、綿花工場の戦いではドニー葉問さんに殴られてますw
そして「葉問(2)」では
サモハン演じるホン師匠の一番弟子のワイケイ役で出演。
ワイケイは
ホァン・シャオミン演じるレオンとケンカ?した
ヒゲでニット帽のチンピラみたいな兄ちゃんです。
魚市場の戦いでは
これまた葉問さんに包丁ではたかれてますwww

どうやら気づいてない方も多いようなので
「知らなかった!」とおっしゃるソフトをお持ちの方は
ぜひ、見直してみて下さいませ(笑)

私は東京には見に行けませんが(木人樁触ってみたかった~)
大阪と名古屋で鑑賞予定です。

拍手

なんとなんと、我が家に關羽さんがやって参りました!




うふふふふ。
ケイタイでの撮影なんで、イマイチ鮮明じゃないんですが;;;
クリックするともうちょっとだけ大きい画像が見れます。

私は1月に大阪、シネリーブル梅田で見ました。
えーっと・・・レポまだ書いてません(;^ω^)
まさか、關羽まで日本公開が決まるとは
まして、こんなに早く(本国と差がなく)公開してくれるとは
まーったく思ってなかったので
香港版BD買ってすでに見ていたのですが
そこは香港版、日本語なしですよ。
しかも歴史もの
固有名詞・地名・役職名バンバン出てくるこの作品。
三国志は大昔にハマったことがあって
今回の題材になってるエピソードはちょっとばかり知ってはいたのですが
解ったような解らないような、ま、全然解ってないんですけどね。

日本語付で見れるのって、素晴らしいです!

大阪での上映は終わってしまったようですが
「三国志英傑伝 関羽」の公式サイトを見ると
まだまだ全国で上映中ですよ~。

特に静岡・浜松のみなさま、
シネマイーラ浜松さんでは3月24日より上映開始です。
ワタクシがついったでいつもお世話になってる方が
ここ、シネマイーラ浜松さんを熱烈に応援なさってます。
今後の華流映画上映の為にも
お近くの方はぜひぜひ足をお運びくださいませ!

拍手


本日、久々にちうごく語レッスンに行ってきました。
えーっと・・・ 約2か月ぶり・・・。
本日のレッスンはラッキープライベートレッスン。
ラッキープライベートとは
本来なら先生1人に対し生徒5人のレッスンにも拘らず
生徒が自分1人だけという
安い料金でプライベートレッスンが受けられる
ラッキーな状態のことです(`・ω・´)

それもあってか、二か月ぶりだったからか
本日のレッスンは「総復習をしましょう」と言われました。

まずは名前を聞かれます。
先生:「你叫什么名字?」
私 :「我是(名前)」
次は住んでるところ
先生:「你住在哪里?」
私:「我住在(住んでる県)」
続いて職業
先生:「你做什么工作?」
私:「我是公司職員」

公司職員とは会社員の事です。
ちなみに、どこそこで働いている、と言いたいときは
「我在(職場)工作」と言います。
私は電気屋で働いてるので
「我在電器店工作」と言います。「工作=仕事・働く」です。

さらに続きます。
今度は家族の人数を聞かれます。
先生:「你家有几口人?」
私:「我家有二口人」
ウチは二人なのでこう答えます。
嫁に行った妹は数えませんw
先生:「都有誰?」
私:「媽媽和我」
媽媽はママで母です。「和」は英語で言う「and」ですね。
これも英語と一緒で3つ以上の時は
「爸爸、媽媽、姐姐、哥哥、妹妹、弟弟和我」
ってカンジに使います。
ここまでは大丈夫。なんせこのやりとりは
ほぼ毎回やるからね(笑)
さてさて、次は
先生:「我是中国人。你呢?(私は中国人です。あなたは?)」
私:「我是日本人」
と、答えればいいんですが
「日本人」の普通語発音忘れてる・・・( ̄▽ ̄;)
とっさに頭に浮かんだのは「やっぷんやん」だけど
これは広東語発音!えーっとえーっと、
やっと「りぃべんれん」と思い出しました;;;

先生からの質問はどんどん続きます。
「这是什么?(これはなんですか?)」です。
「这是○○」と答えればいいので簡単なのですが
これまたさまざまな単語を忘れてます。
鉛筆・消しゴム・教科書・筆入れ・・・
慌てて今までのノートをめくって
何とか答えるものの、四声がダメダメです・・・orz
もちろん、発音もダメダメです・・・
日本語に無い音多いし、
ノートにピンイン(中国語の発音記号)も書いてるんですけど
ピンイン読めない・・・
何度か先生に発音・四声を直してもらいながら
なんとか言えました(;^ω^)
その他
職業に関する単語も忘れてますー。
学生、教師、医師、シェフ・・・
ノートを見ると複数回、書いてるのに;;;
ところで
小学校の先生は「小学教師」
中学校の先生は「中学教師」
だそうですが
高校の先生は「高中教師」というんだそうです。

なんかもう、ダメダメなレッスンでしたが
生徒が私一人ということもあって
先生は優しく丁寧に何度も発音して教えて下さいました。

次は忘れないうちに・・・
ということで、気候も良くなってきましたし
1週間後にレッスン予約を入れました。
加油、自分。
いつか、いつか華流明星と話せるように・・・!
(英語に逃げそうな気がする。
 英語だって話せないけど、中国語よりはまだわかる)

拍手


「三国志英傑伝 關羽」の
DVDとBDの発売が決まりましたよ。
発売日は5/2です。
「葉問前傳」こと「イップマン誕生」と同じ日です。
アマゾンでも予約が始まってます。

こちら

香港映画の邦題って
「えー?!」って思うものが最近多かったんですが
原題「關雲長」に対して
邦題「三国志英傑伝 關羽」
っていうのは
原題を尊重したうえに
香港映画を知らない人にも
「三国志」とか「關羽」って入れることで
「あ~、なんか聞いたことある~」
って思ってもらえる
とってもいいタイトルだと思っていたのですが
なんで・・・
ソフト化でへんなタイトル追加するかな・・・

どういう意図で
「KAN-WOO」という文字が追加になったのか
全く以って謎です。
「關羽」は
中国語で発音すれば「Guan-Yu」
広東語でも「Gwan Yu」
だそうです。
せっかくソフト化してくれるんですもの。
こんな文句は言いたくないんです。
でもでも・・・orz

しかしながらこの日本版
日本語吹替えを入れてくれてます。
「三国志」のような歴史ものだと
耳から入る情報と
目で確認できる情報はとても重要だと思うので
これはとてもうれしいです。
購入したら
日本語吹替えを聞きながら
日本語字幕で見ると思いますw
ついでに中文字幕も入れてくれると
いい勉強になるのになー。

拍手


約一年ぶりのサイト更新です・・・

DVD情報、ドニーさんの分を今出ているもの(武侠)までを
アップしました。

また、ブックマークのページに
tigerさんの杜宇航ファンブログを追加しました。

長いこと肝心のサイトが放置のままで申し訳ありませんでした。
次は書籍関係を少しずつご紹介していきたいと思います。

拍手


「捜査官X(原題:武侠)」の公式サイト がオープンしました。
なかなかかっこいいサイトじゃないですか!
まだ劇場情報の一部しか掲載されてませんが、これからの情報に期待です♪
なお
管理人の地元は今のところ公開情報がありません・・・。
そんなこといつものことじゃないか・・・( ;∀;)
いいんだ、地元公開が無かったら大阪に見に行くんだ。
去年でだいぶ慣れましたよ!

そしてもう一つ
ドニさんの新作映画「特殊身分」がやーっと深圳でクランクインしたそうです。

甄子丹深圳拍戲黑白兩道睇場

こちらではもっと大きな画像が見れます。

ドニさんに髭って、なんかこう「失敗?」みたいなのが多くて
私はあんまり好みじゃなかったんですけど
これはワイルドでカッコいいじゃないですか!(≧▽≦)
いつものようにアクセサリじゃらじゃら・・・(笑)
これ、衣裳ですよね。私服じゃないですよねw

最初の撮影は雨降りのシーンからとなったようです。
放水車3台に撮影用ヘリ、さらに高級車も用意されてるらしく
お金もかなりかかっているよう。
もちろん、撮影を見に来たファンも大勢いたらしく
その警備も大変だったようです。

ケンジさんのブログにもありましたが
撮影に入るまでかなり大変だったこの映画
これからがいよいよ本番です。
そしてこれからがもっともっと大変になるはず。
どうか怪我や事故がなく、いい作品が撮れるよう、祈ります。

拍手

本日、2月9日は
ワタクシ目のドニー記念日です(笑)
何の日かというと
2008年2月9日、wowowで「龍虎門」を見て
ドニーさんに惚れた日のなのです(*ノωノ)

その前に「英雄」を見ておりましたが
その時は
「あぁ、この人がドニー・イェンなのね。へぇ、動きのキレイな人だなぁ。」
程度の認識でした。
それがお正月だったと思います。
BSでたまたま放送してたんですよね。
「英雄」という映画については公開時、地元でもCMしてました。
無名に向かって無数の矢が飛んでくるところで終わるCMを見て
「この人どうなるんだろう?」と思って居た覚えがあります。
が、実際「英雄」がウチの市で上映されたかどうかは無名・・・じゃなくて不明です。

「英雄」はその前にもテレビで放送されたのを見たことがあったんですが
途中からですでにドニさんの出番は終わっており
途中から見た故に
「この映画、ワケが分からん・・・」と思ってました。
トニー・レオンは色っぽかったなー。という記憶が。
この時点でのワタクシ目のトニー・レオンの認識は
「『ブエノスアイレス』に出てた人」でした。

そんなワタシが偶然、wowowで見た「龍虎門」
最初のレストランのシーン。
階段の前でバックライトを浴びながらカッコつけるドニーさんに落ちました(*ノωノ)

前髪は確かにうっとうしかったけどすごく・・・カッコ良かったです・・・。
そく、アマゾンでDVDを注文。
DVDが来るまで録画した「龍虎門」をヘビロテしてました。

あれから4年。

「ドニー・イェンって知ってる?」と聞いても
十中十「知らない」という答えが返ってきてた
あのころから考えると
信じられないような去年の出演作の上映ラッシュ。
ドニーさんの日本での知名度も上がってきてることが
ホントに嬉しいです。
いや、
私も単なる一ファンで家族でも親戚でもなんでもないんですけどね(;^ω^)

4月は「捜査官X(原題:武侠)」の公開が控えてます。
日本ではやはり金城武さんメインで紹介されてますが
金城さんの日本での知名度を考えたらそれは当然の宣伝手法だと思います。
これで少しでも多くの人が映画を見てくれて
ドニー・イェンという人を知ってくれたら
私はとても嬉しいです。

拍手

今年もやってまいりました、香港金像奨ノミネート発表。
今回は第31回目です。

2011年に公開されたドニさん映画は 「最強囍事」「關雲長」「武侠」 の3本。
このうち、ドニさんがアクション監督を務めたのが 「關雲長」と「武侠」

ドニさんは「武侠」で最優秀アクション監督賞にノミネートされております。

「武侠」はその他
最優秀主演女優賞に汤维ちゃんが
最優秀助演男優賞に王羽さんが
最優秀助演女優賞に恵英紅姐さまが
また
最優秀美術賞・最優秀衣装デザイン賞
最優秀撮影賞・最優秀編集賞・最優秀音響効果賞
最優秀視覚効果賞・最優秀音楽賞・最優秀主題歌賞
と、全部で12部門にノミネート!

その他気になる映画としては
徐克監督、りんちぇさん主演の「龍門飛甲」が
最優秀作品賞・最優秀監督賞など、13部門にノミネート。

「白蛇伝説」も
最優秀アクション監督賞と最優秀視覚効果賞にノミネート。

ニコ出演の「新少林寺」は
ニコが最優秀助演男優賞でノミネートされたほか
最優秀アクション設計賞・最優秀美術賞
さらに劉徳華の歌う「悟」が最優秀主題歌賞にノミネート。

最優秀アクション監督賞は
「武侠」のドニさん
「白蛇伝説」の程小東さん
「新少林寺」の元奎さん・元徳さん・李忠志さん
「龍門飛甲」の元彪さん・藍海瀚さん・孫建魁さん

いずれも強者がずらりとノミネートされております。
思えば
ドニさんが「導火線」で最優秀アクション監督賞を取った時も
「投名状」で程小東さんが
「男児本色」で李忠志さんがノミネートされてました。
ドニさん個人が金像奨をもらったのはこの2008年、第28回金像奨の
「導火線」での受賞が最後なのでそろそろ、賞が欲しい所。

とはいえ、やっぱり
「葉問」で最優秀主演男優賞欲しかったなー( ;∀;)

なお、最優秀作品賞には
桃姐
奪命金
龍門飛甲
竊聽風雲2
讓子彈飛
の5作品がノミネートされております。
いずれも見ておりません!

そう言えば去年は発表の実況をwebラジオで聞いてたなぁ。
いや、ネットテレビ全然繋がらなかったので
仕方なくネットラジオで聞いてたんですよ( ;∀;)
広東語はさっぱりわかりませんが
漢字が解ってる映画のタイトルなどは
発音されるとある程度見当が付くものですね(笑)

気になる発表は4月15日19:30~(日本時間20:30~)だそうです。

拍手


4月21日より公開の「武侠」こと「捜査官X」ですが
大阪では
なんばパースクシネマ大阪ステーションシネマにて
公開されるようです。
前売り券も、1300円・ポストカード2枚付きで2月11日(土)より発売予定のよう。

その前に3月18日(日)に
第7回大阪アジアン映画祭のクロージング作品として
日本初上映となるようです。
大阪アジアン映画祭のサイトによると
ジャパンプレミアとなってまして
ピーター・チャン監督が舞台挨拶の予定だとか。

行きたいけど・・・
チケット取りにくそう~(;^ω^)

待てば一般公開しますしね。

以前も書いた気たしますが
「武侠」香港版BDはすでに入手しているのですが
未開封です。
「新少林寺」の時と同じパターンで
劇場で、日本語付で初見の後
じっくりBDで堪能したいと思っております。

拍手


ドニーさんの大陸のファンサイトで
ドニさん出演の新しいCMが紹介されてました。

甄子丹 惠氏倍力加廣告

これは・・・なんだろう?
スポーツ飲料?プロテイン???

ドニさんの後ろのCissy奥様も映ってます。
お子ちゃまたちは子役の子でしょうね。
ドニさん、すっかりいいお父さんのイメージですね。

ドニーさんの映画を見る機会は
ありがたいことに増えてきましたが
CMってのは日本にいる限り
こうしてネットでしか見ることができません。

以前、ツイッターで知ったのですが
東京方面の中華料理屋さんで
たぶん、CS放送なんだと思いますが
テレビでずっと大陸の放送が流れてて
ごく普通にドニーさんのCMも流れたそうです。
いいなぁ!
まぁ、CMっていつどんなCMが流れるかわからないので
そのお店に行っても
常にドニーさんのCMが見られるとは限りませんが
道を歩いてて偶然見かけた
みたいな出会いってワクワクしますね。

いつかそんな風にドニーさんのCMに想像してみたいです。

東京行きたいなぁ(笑)

※ここで言う「東京」とは、関東方面をさしますw

拍手

会社帰りに寄ったコンビニで
前からちょっと気になっていたマンガ
「テルマエ・ロマエ」を発見し、第一話だけ立ち読み。

お、おもろっ!!!

というわけで、一気に既刊の1巻~4巻を買ってしまいました。

ご存知の方も多いと思いますがこのマンガ
古代ローマ時代が舞台で
浴場建築家の主人公が
なぜか
風呂でおぼれたり、のぼせたりすると
自分の生きる古代ローマと現代日本を
行ったり来たり出来る体質?になってしまい
現代日本で見た日本の風呂文化を古代ローマで再現させる
という、ストーリーです。
テルマエとは浴場、という意味でロマエはローマだそうです。

古代ローマでは風呂というのは日常生活に欠かせない物であり
自宅に風呂を持つのは皇帝や大金持ちだけだったそうで
一般の人々は必ずと言っていいほど、大衆浴場に通っていたそうです。
入浴料もすごく安かったんですって。

ウチのお風呂も狭くて冬場はとても寒いので
この時期は温泉に通う率が高くなりますが
やっぱり体を伸ばしてお湯にゆっくり浸かるってのは
「は~、極楽極楽♪」
と、思わず口にしてしまいそうになります(笑)
今度行ったらフルーツ牛乳飲んでみよう。

拍手


ニック・チョン、ニコラス・ツェ主演映画
「証人」の日本公開が決定し
邦題も決まったそうです。

「ビースト・ストーカー/証人」

だそうです。
「ビーストストーカー」は
もともと「証人」の英題だったそうです。
素朴な疑問なんですが・・・
外国映画のタイトルは
カタカナじゃないといけないという決まりでもあるんでしょうか?
「証人」というのは
中国語でも日本語でも意味するところは同じだと思うのですが
「証人」だけだと
映画の内容とは著しい乖離があるのでしょうか???
私は見てないのでわかりません。
ちなみに
ビースト・ストーカーとは
ニック・チョンの(役の)ことらしいです。

先に続編の「綫人」が邦題「密告・者」として
日本公開されました。
これまた劇場では見ることがかなわなかったんですが
「証人」を見てないと解りにくいかな?
「密告・者」のほうはもうすぐDVDがリリースされるんですよね。

「証人」は第28回香港金像奨で
「葉問」と最優秀作品賞を争った作品。
主演、ニック・チョンはドニさんと同じく
優秀主演男優賞にノミネートされ
見事、最優秀主演男優賞を受賞しました。
ニコも出てるし、見たいなーと思ったけど
これまた日本語なしでは
分かりにくそうと思って手を出さないでいたんですよね。
無事に日本で公開が決まって嬉しいですね。

ツイッターで知ったのですが
「証人」香港版DVDが
あっという間に廃盤になっていてびっくりです。

拍手

話題にするのが遅れましたが
ドニーさんの新作映画の情報です。
やっほーに記事が載ってました。

新作のタイトルは「特殊身分」
共演は趙文卓(ヴィンセント・チャオ)。
趙文卓さんは、
りんちぇの後に黄師父をシリーズで演じてた方です。
こりゃ、アクションはばっちり期待できますね~。
久しぶりの現代アクションものですし。
ってこれ
前に言ってた成龍プロデュースの映画らしいです。
最初は
ジャッキーとドニーのバディ物と聞いてたこの映画。
だんだん、
ジャッキーは裏方らしいよ、とか
ドニーの役は暗号解読のプロ、とか
情報が錯そうしてきて
とうとう
ジャッキーは完全に裏方?
タイトルも
「終極解碼」→「破綻」→「特殊身分」と変化し
谷垣さんのブログによると
また変わるかも、とのこと。

なんか・・・
撮影がすごく大変らしい・・・
シンセンから大連へ
寒すぎるという理由で再びシンセンへ。
そして・・・
まだ撮影に入ってないらしい・・・
(1月27日現在)
脚本、出来たのかしら・・・( ̄▽ ̄;)

でも、久々の現代アクションは期待大です♪
新浪娯楽のここでもっとたくさんの画像が見れます~。
(北京での制作発表会らしい)
なんでもカーアクションもあるらしいのですが
出来上がるまではどうなるかわからないっぽいです(;^ω^)

趙文卓さんがすでに怪我をなさってるようで
とにかく
ケガにはくれぐれも気を付けて
納得のいくいい作品を作ってほしいです。
加油~!

拍手


「イップマン 誕生」日本公式サイトが稼働しました~。

しかし「イップマン誕生」に慣れないなぁ・・・(;^ω^)
今までずっと「葉問前傳」って呼んでましたしね。
とうわけで当サイトやブログでは
「葉問前傳」って言っちゃうことが多いと思います。

邦題どうこうの前に
「イップマン」ってカタカナで書かれると
「バットマン」とか「スパイダーマン」とか「スッパマン」とかと
同じような体にぴっちりコスチューム着たマッチョマンを想像してしまふ・・・

いや、ドニさんも杜宇航王子もええカラダしてますし
二人のそんなお衣裳、ちょっと見てみたいような見てみたくないようなwww
ドニは黒で、王子は白でどうですか?マントは必須でお願いします。
赤も似合うと思いますが、それだと私がヤキソバンを思い出すので却下です。
あ、マントは赤でもいいかも~
ってなんの話(笑)

しかしこの公式サイト、
キャストの経歴もしっかり書いてくれてて嬉しいですね。
皇子と王子の紹介を読んで思ったのは
皇子にとっても王子にとっても、そしてドニさんにとっても
2008年に公開され第28届香港電影金像奨にて
最佳作品賞、つまり最優秀作品賞を受賞した「葉問」という映画は
とても大きな転機になったのだなぁ。
これが無かったら
今、日本ではいまだにドニさんの映画は上映されてないかもしれないし
「葉問前傳」という作品も作られなかったのでないかしら。

ドニさんもりんちぇさんも、もうすぐ50歳です。
ドニーやりんちぇ以降、香港ではアクションスターが育ってなくて
人材不足・・・、なんて記事を目にしたこともあったけど
樊少皇・杜宇航・呉京とちゃ~んと育って来てるじゃないですか。
ここで20代の子が出てくると安心ですが
お兄ちゃんたちがまだまだ頑張ってる
というか、
もっと頑張ってもらわんと困るぞ!
もっとブレイクして香港動作片を元気にしてくれることを期待している!(∩´∀`)∩

そして「葉問前傳」の前売り券&前売り特典にも期待している!
一体何が付くのかな~。
キューピーはもうないだろうな。
あ、「カンフー無敵」の時みたいにメイキングDVDおまけで付けてくれると
ものすごーく嬉しいです!

拍手

Copyright c 龍を継ぐ者ブログ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]